AGAクリニックがおすすめの理由

男性の薄毛の種類

あらためて薄毛の理由について調べて見ました。

薄毛で悩む男性のほとんどが、「男性型脱毛症(AGA)」のようです。薄毛の原因は他にも「びまん性脱毛症」「円形脱毛症」「炎症性脱毛症」とか色々あるようですが、一説によると約9割が「男性型脱毛症(AGA)」のようです。

私が、今まで薄毛対策で行なってきたことの多くは、「男性型脱毛症(AGA)以外には効果のある方法ではあるが、「男性型脱毛症(AGA)」には効果が無いことであることがわかってきました。

例えば、睡眠時間、食生活、喫煙やストレスなどですが、これらは、頭皮や髪におそらく良いことだと思います。でも「男性型脱毛症(AGA)」には効果が無いことなんだなぁ ということですね。

まずは、薄毛で悩んでる方が、「男性型脱毛症(AGA)」なのかまずチェックする必要があると思います。

男性型脱毛症(AGA)かどうか判断のポイントになるのは、薄毛が始まりが、M字と言われている左右こめかみの部分。または、頭頂部部分の髪が段々細くなり、抜けるサイクルが短くなってくる。そしてこのサイクルはゆっくりのようです。

 

「男性型脱毛症(AGA)の原因

「男性型脱毛症(AGA)の原因は一つしかないそうです。それは、男性ホルモン「テストステロン」が形を変えた「ジヒドロテストステロン」(俗に言う脱毛ホルモン)が原因とされています。

このことでわかるように、刺激やシャンプーが原因でAGAになることはないということのようです。 そして嬉しいことにAGAは毛根が死んでしまうことではなく、毛根自体は薄毛になる前の時と同じくらい残っているようです。(ただし、怪我や火傷によって頭皮がダメージを受けてしまうと毛根にも影響は出てしまうようです)ですので、髪の毛が抜けてしまっても、またその毛根から髪の毛は生えてくるようです。AGAは、生えてきた髪の毛が、細くなったり、短くなったりして、髪の毛の生え替わりの周期がはやくなってしまうことなのです。

aga_pic1

ですのでAGA治療は、この「細くなったり、短くなった」髪の毛を「太く、長く」してあげて、生え替わり周期を正常に戻してあげる治療なのです。

 

AGA治療薬の種類

では、AGA治療では具体的には、どのようなことをするのでしょうか。

まず、先ほど書きました、「脱毛ホルモンの発生を止める」ことです。そしてもう一つは、「髪の毛の成長力を高める」ことです。

脱毛ホルモンの発生を止めれば、ゆっくりですが、髪の毛は元の状態に近づいていきます。ただし髪の毛の伸びる速度はゆっくりですので時間がかかります。ですので、より早い回復をさせる必要があります。

では、「脱毛ホルモンの発生を止める」そして、「早い回復をさせる」この2種類を実現させるためには何をすれば良いのでしょうか?

具体的にご説明しますと、「脱毛ホルモンの発生を止める」成分に「フィナステリド」という成分があり、この成分は飲み薬に配合されています。そして「早い回復をさせる」ための成分に「ミノキシジル」があります。これは塗り薬に配合されています。

これら(以下の)2種類を併用して、治療される方が効率が良いとされているようですので、この組み合わせで治療されている方が多いようです。

  • フィナステリド:「テストステロン」が「ジヒドロテストステロン」という脱毛ホルモンに変化することを防ぎます。同じような効果がある薬に「デュタステリド」があります。
  • ミノキシジル:毛母細胞を活性化させる成分です。外用薬と内服薬がありますが、内服薬は日本では未承認の薬のようです。

 

AGA治療薬について

 

AGA治療薬の入手方法

AGA治療薬を入手する方法は大きく分けて2種類あるようです。

まずは、個人で海外より治療薬を輸入する方法。そしてもう一つは、クリニックで処方してもらう方法となります。

それぞれに、メリットデメリットがありますので、整理しますと以下のようになります。

 

個人輸入

  • メリット:クリニックで処方される薬に比べて安価で入手することが可能。
  • デメリット:まんがいち副作用がでたときに、医師の処方の薬でない為、自己責任になってしまう。

 

クリニック処方

  • メリット:医師に状況を見てもらうことができますので、その人の症状にあった適切な薬を処方してもらえる。
  • デメリット:個人輸入に比べて、高額になってしまう。

 

個人輸入で薬を入手している方も、いったんクリニックで医師の診察、薬の処方をしていただき治療を開始して、改善もしくは改善の方向に向かっていることを感じてから、個人輸入などを検討している方も多いようです。それにもし薄毛の理由がAGAではない場合、個人輸入でAGA治療薬入手して、薬をいくら飲んでも効かない、ということになってしまいます。ですので、まずは専門医に”AGA”と判断してもらう必要があります。

薄毛の原因がAGA出ない場合、AGA治療薬を飲んでも効果はありまぜん。

 

個人的には個人輸入はおすすめはしません。やはり医師の判断で、人それぞれの状態に合った薬を処方してもらった方が、改善への近道ではと思っているからです。

おすすめ

 

ただ、このまま何もしないでいてはAGAは進行してしまい、AGA治療の開始が遅くなればなるほど改善に時間がかかってしまうことになってしまうそうです。ですので少しでも早く治療を始めたほうがよいと思っています。

もちろん、経済的な理由で長期間クリニックで薬を処方してもらうことが難しい事情もあるかと思います。ただ、多くのクリニックでは、患者さんの経済事情などに寄り添って、ジェネリック薬品などの処方で治療を進めてくれるところもあるようですので、そのようなクリニックを選ぶことができれば、問題も解決するのではと思っています。

 

私がおすすめするクリニックとその理由

 

© 2021 AGA治療で「スマイルAGAクリニック」を選ぶ理由